仮想通貨購入にも使えるレバレッジ

投資として仮想通貨の売買を始めたいけれど、元手が少なければ得られる利益もほんの僅かになってしまうのではないかと考える人もいるでしょう。確かに、仮想通貨が高騰した時、持っている通貨が多ければ多いほど、手にする利益も大きくなります。ただ、少しでも多くの利益を得るために、生活に必要な資金まで仮想通貨にしてしまうことは避けておく方が良いでしょう。価格が暴落をした時に、生活をすることすらままならない状態となる可能性があるためです。そのため、仮想通貨を使った投資をする際は、生活に必要なお金は手元にしっかりと残し、万が一失うことがあっても大丈夫な余裕資金のみを使うことが何よりも重要となります。

余裕資金が少ない状態で、効率良く資産を増やしたいという場合は、レバレッジを使うという方法があります。レバレッジとは一定の証拠金を預けることで、元々の資金よりも多くの金額を動かすことができる仕組みのことです。レバレッジを使えば、元手以上の仮想通貨を購入することができます。所有する仮想通貨が増えれば、価値が上がった時に得られる利益も増えることになります。そのため、効率良く資産を増やしたい場合は、レバレッジの活用を考えておくと良いでしょう。

ただ、レバレッジというのはメリットばかりのものではありません。所有する仮想通貨が多くなれば、暴落をした時に出る損失も大きくなってしまいます。そして、もう一つ注意しておかなければいけないのがロスカットです。

レバレッジを使って取引をする場合、証拠金維持率が一定の数値を下回ると、その時点で所有している仮想通貨が強制決済されてしまいます。これは、想定外の暴落が起きた時、損失が増えすぎないように行われる措置ですが、仮想通貨の価値というのは暴落後持ち直すことも多いものです。暴落のタイミングで強制決済されれば損失が出て終わりですが、決済を免れ持ち続けることができれば、価格が持ち直した時に利益を生み出す可能性もあります。それだけに、仮想通貨で利益を生み出したいのであれば、強制決済はなるべく避けておくことが有効です。

強制決済を避けたいという場合は、証拠金を多く預けた状態で売買を行う、もしくはレバレッジを使わないようにすることが有効です。仮想通貨は、レバレッジを使わなくても効率良く資産を増やせる可能性があるものです。そのため、リスクを減らしたいのであれば、無理のない形で売買をしていく方が良いでしょう。

SNSでもご購読できます。